• お問い合わせ
  • よくある質問
  • 画面サイズの調整
取次店 専用ページ
現場検査員 専用ページ

フラット35適合証明業務

ご案内

【フラット35】の融資に必要な適合証明業務を行います。

検査対象の住宅が技術基準に適合していることを確認し『適合証明書』を交付いたします。
※適合証明書は、住宅の施工上の瑕疵がないことや住宅の性能を保証するものではありません。

【業務区域・対象建築物】

  • 業務区域
  • 日本全域
  • 対象建築物
  • 新築一戸建て等、新築共同建て、中古一戸建て等、中古マンション

フラット35では住宅を以下のように区分します。

新築住宅
■ 一戸建て等/一戸建て、連続建て及び重ね建ての住宅
■ 共同建て/2戸以上の住宅が廊下、玄関、階段、広間等を共用する建て方
中古住宅
■ 一戸建て等/一戸建て、連続建て、重ね建て及び地上階数2以下の共同建ての住宅
■ マンション/地上階数3以上の共同建ての住宅

【業務内容】

【フラット35】とは

【フラット35】とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供する 最長35年の長期固定金利住宅ローンです。
フラット35は資金のお受取り時に返済終了までの金利・ご返済額が確定するため、
大切なマイホームの取得とその後のライフプランがたてやすくなります。

▶ 詳しくは、こちらをご覧ください。

【フラット35】Sとは

【フラット35】Sとは、【フラット35】をお申込みのお客様が、
省エネルギー性、耐震性などに優れた要件を満たす住宅を取得される場合に、
【フラット35】のお借入金利を一定期間引き下げる制度です。

技術基準

フラット35住宅は住宅の断熱性・耐久性等について住宅金融支援機構が技術基準を定めており、
物件検査によって適合性を確認しています

■ 技術基準の詳細については住宅金融支援機構のホームページをご覧ください。

審査の流れ

建設・購入される住宅が住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることについて、検査機関による物件検査を受けていただきます。物件検査に合格後、交付された「適合証明書」をお申込みされた取扱金融機関に提出してください。
現場検査で指摘事項が発生した場合は再検査が必要となります。写真報告による判定は行いませんのでご注意ください。

業務フロー図(新築一戸建て等)

【新築住宅】

一戸建て等の場合は設計検査、中間現場検査、竣工現場検査の3回の検査を行います。
共同建ての場合は設計検査、竣工現場検査の2回の検査を行います。

あんしん住宅瑕疵保険のお申し込みがある場合、フラット35の中間現場検査を省略することが出来ます。
下記の点をご確認下さい。

  • ●「あんしん住宅瑕疵保険の中間現場検査」を実施する日までに、
    フラット35の設計検査の申請が引受されていること。
  • ●「あんしん住宅瑕疵保険の躯体工事完了時の現場検査」を行う機関と、
    フラット35の竣工現場検査を行う機関が共に住宅あんしん保証であること。
設計住宅性能評価を活用または長期優良住宅の取得
建設住宅性能評価を活用

《 竣工済み特例 》

竣工済みの新築住宅(一戸建て等)で、竣工後2年以内で人が住んだ事がない物件については新築住宅として適合証明を受けることが可能です。下記の点をご確認下さい。

  • ● 設計検査と現場検査を同時に申請
  • ● 検査済証の写しを提出(確認申請不要地域を除く。)
  • ●「工事監理・施工状況報告書」、施工写真などを提出
    (工事途中の状況が確認できない場合は、竣工済特例を適用できない場合があります。)
  • ● フラット35S[優良な住宅基準(金利Bプラン)](耐震性)
    およびフラット35S[特に優良な住宅基準(金利Aプラン)](耐震性)については、
    竣工済特例を適用できません。

【中古住宅】

一戸建て等、マンションともに書類による審査及び現地における調査を行います。

料金表

【新築/一戸建て等】

(税別)

内 容 【フラット35】
手数料
【フラット35】S
手数料
基本手続き※1 60,000円 75,000円
基本手続き※1
(BELS評価書を活用する場合)
70,000円
あんしん住宅瑕疵保険を活用※2 34,000円 41,000円
あんしん住宅瑕疵保険を活用※2
(BELS評価書を活用する場合)
36,000円
設計住宅性能評価を活用
または長期優良住宅の取得※3
50,000円 60,000円
建設住宅性能評価を活用※4 15,000円 15,000円
あんしん住宅瑕疵保険と設計住宅性能評価を活用
または長期優良住宅の取得 ※2 ※4
24,000円 30,000円
  • ※1 竣工済特例の場合を含みます。(竣工済みの物件であっても竣工後2年以内で人が住んだ事がない物件については適合証明を受けることが可能です。)
  • ※2 あんしん住宅瑕疵保険の現場検査(躯体工事完了時)を住宅あんしん保証で行う場合は、中間現場検査を省略する事ができます。
  • ※3 設計住宅性能評価を住宅あんしん保証で行い、機構の定める技術基準を満たしている場合または長期優良住宅に係る技術的審査の適合証発行を住宅あんしん保証で行い、「認定通知書(写)」を提出した場合は設計検査を省略できます。
  • ※4 建設住宅性能評価を住宅あんしん保証で行い、機構の定める技術基準を満たしている場合は、設計検査・中間現場検査を省略し、竣工現場検査から手続きを行うことができます。
  • ※   上記記載の手数料は、適合証明書交付に必要な各検査1回分を含んだ合計の手数料となります。
  • ※   設計検査・中間現場検査もしくは竣工現場検査を単独で申込む場合の料金は別途見積りとします。
  • ※   フラット35S金利Aプランにおける「省エネルギー性」(「住宅事業建築主基準に係る適合証が発行された住宅」又は「エコポイント対象住宅証明書が発行された住宅」(適用したエコポイント対象住宅判定基準の欄が「住宅事業建築主基準」のものに限る)又は「低炭素建築物新築等計画が認定された住宅」)及び「耐久性・可変性」(「長期優良住宅の認定を受けた住宅」)については「フラット35一戸建て等」の手数料を適用します。
  • ※   フラット35Sの料金は1分野に対する検査料金とします。
    2以上の基準を選択する場合は、手数料に5,000円(税別)を加算します。
  • ※   一戸建て等で「重ね建て」又は「連続建て」の長屋の場合、 住戸数が2戸を超える場合は5,000円(税別)/戸が追加となります。
  • ※   上記記載のない適合証明業務については別途見積いたします。

【出張費】

(税別)

距 離 出張費
日当 交通費
15km未満 0円 0円
15km以上〜30km未満 0円 2,000円
30km以上〜50km未満 0円 3,000円
50km以上〜100km未満 5,000円 4,000円
100km以上 10,000円 実費

※ 宿泊が必要な場合、宿泊費は出張中の夜数に応じ、1名につき1夜あたり10,000 円(税別)で計算します。
※ 加算費用の距離の算定は業務拠点から直線距離とし住宅あんしん保証が決定します。

料金表

申請書等

必要書類チェックシート・申請書式は、住宅金融支援機構のホームページからダウンロードしてください。

仕様書について

住宅金融支援機構編著の仕様書は、下記から購入できます。
木造住宅工事仕様書(設計図面添付用)
枠組壁工法工事仕様書(設計図面添付用)

のマークがあるデータは、専用ページにログインする必要があります。

約款

  • 書類NO:001 DATE:2016.05.12

    -

    業務約款

    • PDF

業務要領・業務規定/引受の概要

  • 書類NO:002 DATE:2016.05.12

    -

    業務規程

    • PDF

事務フロー/マニュアル/申請案内

  • 書類NO:003 DATE:2016.05.12

    -

    設計・現場検査セルフチェックシート(一戸建て等一般用)

    • PDF

取下・返戻関係

  • 書類NO:004 DATE:2016.05.12

    -

    取下げ届

    • DOC

内容変更/再発行関係

  • 書類NO:005 DATE:2017.05.02

    -

    再発行申請書

    • DOC

申請書類等

  • 書類NO:006 DATE:2017.04.01

    フラット35適合証明物件検査申込書

    • XLS
  • 書類NO:007 DATE:2016.07.05

    -

    事前相談用チェックシート(中古一戸建て用)

    • XLS

料金表

  • 書類NO:008 DATE:2017.04.01

    料金表

    • PDF
申請書類を2部(中古フラットは1部)郵送ください。 hyouka@j-anshin.co.jp(添付は8MB程度まで) TEL:03-3562-8127
ページのトップへ