「住宅性能証明(贈与税)」とは、住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置において、非課税限度額加算の対象となる「質の高い住宅」であることを証明する書類の1つで、書類審査及び現場検査を行い、「住宅性能証明書」を交付します。(住宅の新築又は新築住宅の取得をする場合を対象とします。)

住宅性能証明(贈与税)のポイント

「質の高い住宅」とは、省エネルギー性又は耐震性又はバリアフリー性の基準を満たす住宅を指しており、この基準を満たす場合、非課税枠が500万円加算されます。
耐震性で証明書を取得した場合、耐震等級によって地震保険料の割引(耐震等級2の場合は30%割引、耐震等級3の場合は50%割引)が適用されます。

概要

対象基準は下表のとおりとなり、①~③いずれか1つ基準を選択し申請いただきます。

省エネルギー性 ①断熱等性能等級4または、一次エネルギー消費量等級4以上
(いずれか1つ選択)
耐震性 ②耐震等級(倒壊等防止)2以上または、免震建築物
バリアフリー性 ③高齢者等配慮対策等級3以上

※下記のいずれかの書類を取得している場合は、非課税枠の申請に活用できますので、「住宅性能証明書」は必要ございません。

  • 建設住宅性能評価書
  • 長期優良住宅建築等計画の認定通知書及び住宅用家屋証明書、または長期優良住宅建築証明書
  • 低炭素建築物新築等計画認定通知書及び住宅用家屋証明書、または認定低炭素住宅建築証明書

住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置

住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置につきましては、下記のサイトをご確認ください。

住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置
国土交通省サイトへ

手続の流れ

申請者
審査申請
住宅あんしん保証
書類審査
現場検査  ※1
証明書発行 ※2
申請者
証明書受理
確定申告

※1 現場検査は、書類審査の適合後に手配致します。申請内容により検査が2回の場合があります。

※2 証明書の交付には、登記簿謄本に記載の家屋番号および所在地が必要となります。

料金表

必要書類

住宅の性能基準によって使用頂く書類が異なります。
「耐震性」「バリアフリー性」の基準で申請する場合の設計内容説明書、サンプル図書等は書類・パンフレット検索ページよりダウンロードください。

この他の帳票・
パンフレット等を探す

審査業務に関するお問い合わせ

よくある質問

皆様から多く寄せられる質問をまとめています。
お問い合わせの前にぜひご覧ください。

よくある質問を見る

メール

メールお問い合わせ

メール画面が表示されます

電話

03-3562-8127
10:00~17:00 (平日)

お問い合わせ