注文住宅の請負契約を締結した登録事業者様が住宅の完成前に万が一倒産等により工事の継続が不可能になった場合に、住宅あんしん保証がお客様が支払った前払金や工事の引継ぎにおいて生じる増嵩工事費用を保証証書記載の金額を限度にお支払いすることで、工事の完成を支援する制度です。本制度は、お客様に「万が一」でも安心して請負契約を締結する環境を整え、第三者機関の保証を受けることができる事業者であることのアピールに活用いただけます。

住宅完成保証制度の特長

「住宅完成保証制度」は住宅あんしん保証が優良な建築会社と認め、住宅あんしん保証に登録した工務店・ビルダー(以下「登録事業者」といいます。)だけがご利用いただけるサービスです。
登録事業者は、良質な住宅をお届けできる高い技術を持った優良な工務店・ビルダーとして確かな「信用力」を発注者にアピールできます。

特長 01

審査基準をパスした建築会社だけが登録できます!

登録には、過去3年間の決算報告書の提出による財務内容のチェックをはじめ、厳しい審査基準をクリアしなければなりません。健全経営の工務店・ビルダーとして発注者にアピールできます。

特長 02

登録後も、定期的に審査を行います。

毎年決算内容を確認し、経営状態のチェックをします。

特長 03

工事保険等への加入とあわせて、
不測の損害にも備えたあんしんな住まいづくりを実現!

保証対象住宅の請負工事については各種損害保険の加入を義務付けており、お施主様の財産となる建物への「安全・安心・信頼」をアピールできます。

概要

事業者登録

登録の要件

  1. 『あんしん住宅瑕疵保険』の届出事業者であること。
  2. 原則として申請時まで継続して3年以上、住宅に関する建設業を営んでおり、かつ登録申請時までに住宅の建設戸数が5戸以上あること。
  3. 欠格事由(※)に該当しないこと。

※欠格事由
・事業者登録取消があってから2年を経過していない場合
・暴力団、暴力団員、暴力団体関係者その他反社会的勢力者の場合

詳しくは住宅完成保証業務規程をご確認ください。

登録有効期限

新規事業者登録の有効期限は、初回の登録完了日に関わらず、登録事業者の決算月により異なります。具体的には、登録事業者の決算月に応じて、登録完了日以降に最初に到来する下表の有効期限までとします。以降の有効期間は1年間とします。

決算月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
有効期限 5/31 6/30 7/31 8/31 9/30 10/31 11/30 12/31 1/31 2/28 3/31 4/30

(※)個人事業主は4月30日までとします。

初回有効期限以降の有効期間は1年間とします。 (決算月変更の場合は、最初に到来する変更後事業年度末の末日から4ヶ月を経過した日(月末)をもって有効期限を満了します。)

必要書類

ー 新規事業者登録

①住宅完成保証制度 事業者登録申請書

②直近3期分の決算報告書(勘定科目内訳明細書を含む)[写し]
ただし、登録申請者が個人事業主の場合には、直近3年分の所得税の確定申告書(第一表)および青色申告決算書[写し]

ー 登録更新

①住宅完成保証制度 事業者登録更新申請書

②直近1期分の決算報告書(勘定科目内訳明細書を含む)[写し]
ただし、申請者が個人事業主の場合には、直近1年分の所得税の確定申告書 (第一表)および青色申告決算書[写し]

※上記書類が提出されない場合は住宅完成保証制度の事業者登録は更新されません。

仕組み

請負契約を締結した登録事業者様が住宅の完成前に万が一倒産等により工事の継続が不可能になった場合に、住宅あんしん保証がお施主様(発注者)に対し、前払金や増嵩工事費用を保証証書記載の金額を限度にお支払いします。

保証対象住宅

原則、請負金額が3,600万円までの次の住宅が対象です。

※対象住宅には、別途、あんしん住宅瑕疵保険の付保が必要です。

  • 一戸建て低層注文住宅
  • 集合住宅(木造・鉄骨造のアパート等)
  • 店舗併用住宅(住居専有部分面積が延床面積の1/2以上)

詳しくは保険・保証制度別対象建築物一覧をご確認ください。

保証限度額

前払金は請負金額の30%または1,100万円のいずれか低い金額を限度として、増嵩工事費用は請負金額の10%または200万円のいずれか高い金額を限度として保証します。前払金および増嵩工事費用を合計して、請負金額の30%または1,100万円のいずれか低い金額を限度とします。

前払金・・・発注者の支払済金額から既施工部分の出来高を控除した金額

増嵩工事費用・・・未履行部分の工事を代替履行業者が引き継いで行う際に生じた手戻り工事費等

請負契約金額2,000万円の参考例

保証料等

事業者登録料(税別)
初回 36,000円(あんしん住宅瑕疵保険新規届出料との合計:60,000円)
更新 30,000円(初回更新時:無料)
1棟当たり保証料 100,000円(非課税)

手続の流れ

住宅完成保証制度のご利用にはあらかじめ事業者登録が必要です。
詳しくは「事業者届出・登録のご案内」のページをご確認ください。

手続の流れ

1委託申込み

住宅完成保証制度委託申込みは、物件ごとに工事着工前に行ってください。申込みには、住宅完成保証委託申込書に必要書類を添付して提出する必要があります。
審査の完了後、住宅あんしん保証から「委託申込受理証 兼 引渡確定通知書」および「住宅完成保証証書」を発行いたします。
完成保証料等は、申込み受付の翌月27日までにお支払いいただくよう請求書を発行いたしますので住宅あんしん保証にお支払いください。(発注者等の第三者からのお支払いは受領できません。)

※対象住宅には、別途、新築住宅かし保険(あんしん住宅瑕疵保険)の申込みが必要です。

2引渡確定通知

引渡日が確定した後、「引渡確定通知書」を住宅あんしん保証へ提出してください。

各種資料

パンフレット

事業者登録

委託申込み

この他の帳票・
パンフレット等を探す

かし保険・各種商品に関するお問い合わせ

よくある質問

皆様から多く寄せられる質問をまとめています。
お問い合わせの前にぜひご覧ください。

よくある質問を見る

問い合わせ先一覧

お問い合わせ・ご相談は、電話またはWEBフォームで承っております。
下記の問い合わせ先一覧から、該当する宛先にお問い合わせください。

問い合わせ先一覧を見る

お問い合わせ