• お問い合わせ
  • よくある質問
  • 画面サイズの調整
取次店 専用ページ
現場検査員 専用ページ

住宅完成保証制度

住宅完成保証制度について

住宅あんしん保証の「住宅完成保証制度」は、住宅あんしん保証が優良な建築会社と認め(住宅あんしん保証に)登録した工務店・ビルダーだけがご利用いただけるサービスです。

住宅完成保証制度の仕組み

運営 株式会社住宅あんしん保証
保証書 住宅完成保証制度は、住宅完成保証証書が発行されて初めて有効となります。
住宅完成保証証書がお手元に届いたことを、必ずご確認ください。

※本保証制度は、棟別に発注者氏名(お施主様の名前)記載の住宅完成保証証書が交付された場合にのみ有効です。
住宅完成保証証書は大切に保管してください。

保証の対象

原則、請負金額が3,600万円までの住宅で以下のいずれかに該当するもの。

※新築住宅につき、住宅完成保証制度をお申込みいただく場合には、合わせて 「あんしん住宅瑕疵保険」のお申込みが必要となります。

一戸建て低層注文住宅

集合住宅(木造・鉄骨造のアパート等)

店舗併用住宅(住宅部分が延床面積の2分の1以上)

詳しくは、保証制度別対象建築物一覧をご覧ください。

保証限度額

登録事業者の倒産等により、発注者の支払済金額から既施工部分の出来高を控除した金額(「前払金」)及び未履行部分の工事を代替履行業者が引き継ぐ際に生じた手戻り工事費等の「増嵩工事費用」を住宅あんしん保証が保証します。

前払金は請負金額の30%又は1,100万円のいずれか低い金額を限度として、増嵩工事費用は請負金額の10%又は200万円のいずれか高い金額を限度として保証します。
なお、前払金及び増嵩工事費用を合計して、請負金額の30%又は1,100万円のいずれか低い金額を限度とします。

住宅完成保証制度による保証の一例

  • 工事を完了し、お引渡しの済んでいない工事中の建物は建築会社に所有権があり、お施主様は債権者の一人にすぎません。
    着工金・中間金を払っていても、複数の債権・債務の整理がつかなければお施主様は他の建築会社に依頼し工事を続けることはできないのです。着工金・中間金もまず戻りません。
    お施主様はこれらすべての問題をひとつひとつ解決しなければなりません。

  • 住宅完成保証の契約では建築会社の都合で工事が続けられなくなった場合、建築途中の建物の所有権は「住宅あんしん保証」に移転します。
    「住宅あんしん保証」はお施主様の希望により、引継ぎ建築会社を紹介し、完成・お引渡しに向けて円滑に工事を再開することができます。また、完成までに必要となる手続き及び追加費用は「住宅あんしん保証」が負担いたします。(限度額あり)

完成保証料

1棟あたり 100,000円(消費税非課税)

ご注意

住宅あんしん保証の基準により下記工事保険に必ず加入する必要があります。
加入がない場合は弊社指定の工事保険(棟別プラン)へ加入いただくため、別途、保険料がかかります。

  • 建設工事保険
  • 請負業者賠償責任保険
  • 生産物賠償責任保険
住宅完成保証制度に関するお問い合わせ TEL:03-3562-8122(受付時間 平日 9:00〜17:30)
ページのトップへ