• お問い合わせ
  • よくある質問
  • 画面サイズの調整
取次店 専用ページ
現場検査員 専用ページ

贈与税の非課税措置に係る住宅性能証明書

ご案内

贈与税の非課税限度額の加算の対象家屋である事を証明する「住宅性能証明書」を交付いたします。

【制度の概要】(平成29年4月現在法令等)

父母や祖父母などの直系尊属から、自己の居住の用に供する住宅の新築若しくは取得又は増改築等のための金銭(以下「住宅取得等資金」といいます。)を贈与により取得した場合において、一定金額までの贈与につき贈与税が非課税となる制度です。

● 非課税枠

契約年 消費税率10%が適用される方
質の高い住宅 左記以外の住宅(一般住宅)
平成31年4月 〜 32年3月 3,000万円 2,500万円
平成32年4月 〜 33年3月 1,500万円 1,000万円
平成33年4月 〜 33年12月 1,200万円 700万円
契約年 上記以外の方
質の高い住宅 左記以外の住宅(一般住宅)
      〜 平成27年 1,500万円 1,000万円
平成28年1月 〜 32年3月 1,200万円 700万円
平成32年4月 〜 33年3月 1,000万円 500万円
平成33年4月 〜 33年12月 800万円 300万円

制度の概要につきましては下記のサイトをご確認ください。

● 非課税の対象となる床面積

・50m²以上240m²以下の住宅が対象
※東日本大震災の被災者には、床面積の上限要件(240m²)は課されません。

● 適用期間

・平成27年1月1日以降の贈与により住宅を取得等した場合に適用

審査の流れ

  • ※1 申請図書一式を電子メール若しくはご郵送下さい。(申請必要図書と送付先は下記参照。)
    押印書類に関しましては、捺印後コピー若しくはスキャンデータをいただければ原本は不要です。
  • ※2 現場検査は、書類審査の適合後に検査手配致します。
  • ※3 申請内容により検査が2回の場合がございます。
  • ※4 証明書の交付には、登記簿謄本に記載の家屋番号及び所在地が必要となります。
    「家屋番号及び所在地の報告書」で報告をお願いします。
    下記のいずれかの書類を取得している場合は、非課税枠の申請に活用できますので、「住宅性能証明書」は必要ございません。
    ・建設住宅性能評価書
    ・長期優良住宅建築等計画の認定通知書及び住宅用家屋証明書又は認定長期優良住宅建築証明書
    ・低炭素建築物新築等計画認定通知書及び住宅用家屋証明書又は認定低炭素住宅建築証明書

料金表

【新築/一戸建住宅】(現場検査の料金を含みます)

■ 在来軸組工法または2×4工法、3階建以下、延床面積500m²以下※2

(税別)

適用する住宅性能 検査時期 一般 評価書等
活用※1
省エネルギー性
(断熱等性能等級4)
断熱材施工完了時で
内装下地貼直前1回
45,000円 30,000円
竣工後1回
(断熱材施工写真提出)
45,000円 30,000円
省エネルギー性
(一次エネルギー消費量等級4以上)
断熱材施工完了時で
内装下地貼直前+竣工後2回
70,000円 55,000円
竣工後1回
(断熱材施工写真提出)
55,000円 40,000円
耐震性
(耐震等級2以上)
(免震建築物)
上棟検査1回
(基礎配筋施工写真提出)
60,000円
(住宅あんしん保証の
瑕疵保険同時検査の場合
50,000円)
45,000円
(住宅あんしん保証の
瑕疵保険同時検査の場合
35,000円)
竣工後1回
(基礎配筋・耐力壁・金物施工写真提出)

※当社の瑕疵保険の申込有りが引受の条件となります。

60,000円 45,000円
バリアフリー性
(高齢者等配慮対策等級3以上)
竣工後1回
(手すり下地施工写真提出)
45,000円 30,000円
  • ※1 断熱等性能等級4、一次エネルギー消費量等級4以上、耐震等級2以上、高齢者対策等級3以上が確認できる以下のいずれかの書類(住宅あんしん保証が交付した、住宅性能評価書、現金取得者向け新築対象住宅証明書、フラット35適合証明書等)
  • ※2 上記建物工法・規模に該当しない住宅の場合、別途見積りとなります。 共同住宅は別途見積りとなります。既存住宅の取得、住宅の増改築等は別途見積りとなります。

【その他の料金】

(税別)

再発行料金 1住戸あたり 5,000円
再検査手数料 1回あたり 15,000円

※ 離島、又は遠隔地については、別途出張費がかかる場合があります。

※ 状況により審査料金の改定を行う場合があります。

料金表

申請書等

※ 押印書類に関しましては、捺印後コピー若しくはスキャンデータをいただければ原本は不要です。

【申請必要図書一覧】

申請の受付に際し必要な図書は下表の通りとなります。 ➊〜➌ いずれか1つ基準を選択してください。

表1 基準
省エネルギー性 断熱等性能等級4または、一次エネルギー消費量等級4以上
耐震性 耐震等級(倒壊防止等)2以上または、免震建築物
バリアフリー性 高齢者等配慮対策等級3以上
表2 申請必要図書一覧
  表1参照
住宅性能証明申請書  
設計内容説明書  
付近見取図 方位
配置図 縮尺・方位・敷地境界線、敷地内に於ける建物の位置
仕様書・仕上表 部材の種類、寸法及び取り付け方法の記載
各階平面図 縮尺、方位、間取りの位置及開口部の位置及び構造の記載
    居室の寸法、階段の寸法及び構造、廊下及び出入り口の寸法、段差の位置及び寸法の記載
    壁の種類及び位置、通し柱の位置、筋交いの種類及び位置の記載
立面図 縮尺並びに小屋裏換気孔の種類、寸法及び位置の記載
断面図又は矩計図 縮尺、建築物の高さ、外壁及び屋根の構造、軒の高さ、軒及びひさしの出、小屋裏の構造、各階の天井高さ、天井の構造、床の高さ及び構造並びに床下及び基礎の構造の記載
基礎伏図   縮尺、構造躯体の材料の種別及び寸法並びに床下換気孔の寸法の記載
各階床伏図     縮尺並びに構造躯体の材料の種別及び寸法の記載
小屋伏図     縮尺並びに構造躯体の材料の種別及び寸法の記載
各部詳細図     縮尺並びに断熱部その他の部分の材料の種別及び寸法の記載
各種計算書   構造計算、温熱計算その他の計算を要する場合における当該計算の内容記載

申請必要図書一覧

申請書等

のマークがあるデータは、専用ページにログインする必要があります。

約款

  • 書類NO:001 DATE:2016.05.11

    -

    業務約款

    • PDF

取下・返戻関係

  • 書類NO:002 DATE:2016.05.11

    -

    取下げ届

    • DOC

内容変更/再発行関係

  • 書類NO:003 DATE:2017.11.16 new

    -

    業務要領

    • PDF
  • 書類NO:004 DATE:2016.05.11

    -

    再発行申請書

    • DOC

申請書類等

  • 書類NO:005 DATE:2017.04.05

    -

    住宅性能証明申請書

    • XLS
  • 書類NO:006 DATE:2017.08.01

    -

    設計内容説明書(断熱等性能等級4)

    • XLS
  • 書類NO:007 DATE:2016.05.11

    -

    設計内容説明書(一次エネルギー消費量等級4以上)

    • XLS
  • 書類NO:008 DATE:2016.05.11

    -

    設計内容説明書(耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2若しくは3又は免震建築物)

    • XLS
  • 書類NO:009 DATE:2016.05.11

    -

    設計内容説明書(バリアフリー性)

    • XLS
  • 書類NO:010 DATE:2017.07.03

    -

    サンプル図書(断熱等性能等級4)

    • PDF
  • 書類NO:011 DATE:2016.05.11

    -

    サンプル図書(バリアフリー性)

    • PDF

必要書類リスト

  • 書類NO:012 DATE:2016.05.11

    -

    必要書類チェックリスト

    • PDF

料金表

  • 書類NO:013 DATE:2016.05.11

    -

    料金表

    • PDF
申請書類一式を郵送、もしくはメールで送付ください。 hyouka@j-anshin.co.jp(添付は8MB程度まで) TEL:03-3562-8127
ページのトップへ