• お問い合わせ
  • よくある質問
  • 画面サイズの調整
取次店 専用ページ
現場検査員 専用ページ

あんしん住宅瑕疵保険

不同沈下上乗せ特約条項について

≪不同沈下上乗せ特約条項とは≫

不同沈下上乗せ特約条項は、あんしん住宅瑕疵保険の保険金支払対象となる事故のうち、保険対象住宅の基礎または基礎ぐいの瑕疵に起因して不同沈下(保険対象住宅の不均一な沈下をいいます。)が発生した場合(不同沈下事故)に、上乗せ保険金をお支払いする特約条項です。

【注意事項】

住宅事業者が相当の期間を経過してもなお瑕疵担保責任を履行しない場合(倒産等の場合)、住宅事業者の故意または重大な過失により生じた損害については、主契約の範囲で保険金をお支払いします(不同沈下上乗せ特約は適用されません)。

不同沈下上乗せ特約条項は、主契約で保険金の支払対象となる事故のうち、不同沈下事故について、保険金を上乗せして支払う特約であり、保険金の支払対象となる事故の範囲が拡大するものではありません。

支払例

≪付帯要件(戸建住宅の場合)≫

不同沈下上乗せ特約を付帯する場合、次の1.2.の要件をすべて満たす必要があります。

1.保険対象住宅に関する要件

  • ・階数が3以下(地階を含みます。)かつ延床面積が500 ㎡未満の住宅であること
  • ・建物の全部または一部が鉄筋コンクリート造または鉄骨造(重量鉄骨造に限ります。)でないこと
  • ・既着工住宅または引渡済住宅ではないこと

2.地盤調査等に関する要件

  • ・地盤調査を実施したこと(※)
  • ・地盤の調査および解析については同一の地盤業者で実施すること
  • ・地盤調査結果の考察で示された地盤補強工法どおりに施工すること
  • ・「不同沈下上乗せ特約に係る技術的申告書」の書類審査に合格すること

※「現地調査チェックシート」等で代用する場合には「不同沈下上乗せ特約条項」を付帯することはできません。

≪補償内容(戸建住宅の場合)≫

上乗せ保険金支払い
の対象となる場合

保険対象住宅の基礎または基礎ぐいの瑕疵に起因して不同沈下が生じた場合

支払われる保険金の種類

①修補費用・損害賠償保険金

②争訟費用保険金

③求償権保全費用保険金

④事故調査費用保険金

⑤事故原因調査費用保険金(※)

⑥仮住まい費用保険金

※不同沈下事故が発生したことにより保険対象住宅の修補が必要となる場合において、事故が発生した原因の調査に要する費用(不同沈下事故に関する費用に限ります。)

1住戸あたりの
支払限度額

支払限度額

5,000万円

(保険期間中支払限度額)

次の費用については、1住戸あたりの支払限度額の内枠で以下のとおり支払います。

事故調査費用保険金+
事故原因調査費用保険金

200万円を限度に、実額を支払います。

仮住まい費用保険金

50万円を限度に、実額を支払います。(=主契約と同様です)

免責金額

1事故あたり10万円(=主契約と同様です)

縮小てん補割合

100%

保険期間

住宅引渡し時から10年間(=主契約と同様です)

≪申込方法≫

不同沈下上乗せ特約条項の付帯を希望する場合、「保険契約申込時」に次の書類もご提出ください。
以下の②~④は、不同沈下上乗せ特約条項の付帯を希望する場合に追加で必要となる書類です。
特約付帯の申込時、必要となる技術的申告書(不同沈下上乗せ特約に係る技術的申告書)に対して住宅あんしん保証は書類審査を行います。
詳細やご不明な点は住宅あんしん保証または取次店までお問い合わせください。

【必要書類】

  • ①地盤調査報告書の写し
    (保険対象住宅が2階以下の木造住宅の場合であっても、地盤調査に関する資料「地盤調査に関する資料」(「現地調査チェックシート」「基礎設計のためのチェックシート」)は不可)
  • ② 不同沈下上乗せ特約追加記入書

  • ③地盤補強工事施工報告書(地盤補強工事を実施した場合)
  • ④不同沈下上乗せ特約に係る技術的申告書
あんしん住宅瑕疵保険に関するお問い合わせ TEL:03-3562-8122(受付時間 平日 9:00〜17:30)
ページのトップへ